腰椎分離症のリハビリにストレッチ

腰椎分離症,腰椎すべり症コムのバナー

腰椎分離症のリハビリにストレッチ

腰椎分離症のリハビリにストレッチのイメージ

腰椎分離症は第5腰椎で多発する一種の疲労骨折であり、椎弓が分離してしまい椎間関節の連続性が絶たれた状態を言います。

腰椎分離症は、中高生で激しいスポーツをする選手の一割がなっていると言われるほど、運動選手に関係の深い疾患です。

しかし腰椎分離症の症状としての腰痛は、成人の一般的なぎっくり腰のような腰痛とは違い下肢のしびれなどはなく、痛み自体も激痛といったものはなく鈍痛なので、深刻に考えることなく、運動による使い痛み程度と思い見過ごしてしまうケースが多いようです。

腰椎分離症は、運動する時間が長いほど、また運動・練習のレベルが高度でかつハードであればあるほど、発症頻度は増加してきます。

上体を後屈すると痛みが出ますので、慣れているトレーナーなら腰椎分離症の可能性を判断することもできます。
腰椎分離症になっても、その後のスポーツ活動に支障がでるということはありません。

年齢が低いうちに分離症になると、コルセットを装着すれば分離部が癒合してくれるのですが、中学生の後半ぐらいになると癒合がかなり難しくなってしまいます。
しかし、たとえ分離部が癒合しなくてもスポーツは続けていけますし、痛みさえなければ少しずつ筋力をつけることで分離部を保護することができますので、復帰することも可能です。

腰椎分離症・腰椎すべり症の予防・改善に有効なのは腹筋・背筋運動とストレッチです。
腹筋が弱いと腹圧も弱いので、腰が反り気味の姿勢になり、腰椎が前にすべりやすくなります。

腹筋・背筋を鍛えるとともに、腰痛ベルトを併用して腹圧を高め、不用意に後ろに反る姿勢を制限するようにしましょう。

スポーツ活動においてはハムストリングスのストレッチングや腹筋・背筋群の筋力強化、また肥満の防止も重要な予防対策といえるでしょう。
少年期のスポーツ選手の練習量は、1日2時間程度を目途としたほうがいいでしょう。


 

あわせてよみたい腰椎分離症と腰椎すべり症の知識

すべり症、分離症の痛みがスグ消えて、楽になる方法とは?

腰椎辷り症の手術後

腰椎分離以外のすべり症の原因

PageTop




HOME - 体操,ストレッチ - 原因 - 器具 - 改善,解消 - 整体,鍼灸 - 治療,病院,手術,名医 - 症状 - 総合情報 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ