腰椎分離以外のすべり症の原因

腰椎分離以外のすべり症の原因

腰椎すべり症は、腰椎分離症、つまり椎弓部分の疲労骨折が引き金となり、のちに椎体がすべることで発症するケースもありますが、必ずしも腰椎の分離が原因となっていない場合が多くあります。

一番多いのは、激しい運動で筋肉に予想外の力が急激に加ることによるものです。
しかし、スポーツをしていない方でも、転倒などによってもすべり症になるケースがあります。
これは、外から強い衝撃があり急激に負荷がかかった場合、筋肉はまずでその負荷を受け止めますが、負荷が不意で大きいことから、筋肉もそれを全て受け止める事が出来なくなるためです。

筋肉が受け止めきれなかった負荷は、靭帯や椎間板に圧力となって加わってしまいます。その圧力が強ければ椎間板でも支えることができずに、椎体が辷ってしまいます。

筋肉が健康で柔軟性があれば、この急激な圧力による衝撃で生じたすべりを戻そうとする力が働くのですが、筋肉に柔軟性や強靭さがないと、すべったまま戻らなくなり、腰椎すべり症となってしまいます。
特に中高年の方は筋肉の衰えなどもあり、腰椎すべり症に発展してしまう事が多いようです。

他に、多くの腰痛に共通した要因ですが、デスクワークや長時間のクルマの運転など、同じ姿勢で長時間座り続けている方や、腰を曲げて作業する方などに多く発症します。
これは腰椎に対して継続的に負担をかけることで、椎体のすべりが自覚症状がないままで起きてしまうという状態です。

椎間板や筋肉に柔軟性や強さがあれば、すべり症になることはありませんが、加齢による組織の変性で、長期間にわたって積み重なった負荷をささえきれなくなり、「椎体のすべり」が起きてしまいます。

多くは以上のような要因で腰椎すべり症が発症します。

中高年以降に発症することが多い腰痛で、症状が悪化すると激痛を伴う坐骨神経痛や、歩行の障害ともなる間欠跛行になるなど、日常生活が困難となってきます。

腰椎すべり症を予防するには、筋肉の強化と柔軟性の向上に努めることです。
とりわけ、腹部のインナーマッスルやお尻の筋肉を強化することが重要となってきます。

また日常の生活にも注意を払い、「正しい姿勢」を心がけ腰への負担を少なくすること、ストレッチなどで筋肉の疲労を早めに解消し強化に努める事、体を冷やさないようにすることなどが、腰痛予防に重要なことです。