腰椎すべり症の正しい治療法

腰椎すべり症の正しい治療法

すべり症と診断されたら、医師の指導に従って正しい治療を行い、日常生活においても腰に負担のかかる動作を避けるように心がけなければ、ずっと痛みと付き合っていかないといけなくなります。

腰椎すべり症で対処すべきことは、疲れた筋肉を休めて滑った骨格を整える、という二点になります。

まず、激しい痛みやしびれを感じたら、疲れた筋肉を休めるために「安静」にすることが重要なポイントです。

腰椎すべり症はぎっくり腰とは異なり、長年にわたっての筋肉疲労の積み重ねによる「慢性痛」である事が多いので、筋肉の炎症を抑える目的の冷やす作業は行わず、コリ固まった筋肉をほぐす目的で暖める作業を行います。

その後、ある程度筋肉の機能が戻ってきてから、すべってしまった骨格を整える治療を行います。

筋肉が固まってしまって血流がわるくなっていますので、十分な量の血液を筋肉に送り込むことが必要です。
血液が機能不全に陥っている筋肉に、「酸素」と「栄養素」を運び筋肉を健康な状態にします。

入浴中や温めたタオルなどで筋肉を揉みほぐすなどの事は、自宅でもできる簡単な筋肉調整法です。

すべり症はすぐに完治することはありませんので、滑った骨格を整えるという治療は専門医による原因に合わせた治療法が必要となります。

治療できる専門機関は、整形外科をはじめ鍼灸、整骨、カイロプラクティック、整体などがあります。

しかし、鍼灸、整骨、カイロプラクティック、整体などの民間療法は健康保険が適用外のものがあります。

治療費全額負担は結構大変な負担になってしまいますので、そのことなどを含めて自分に合った治療法を選ぶ必要があります。