腰椎分離症・すべり症の痛みと骨の関係

腰椎分離症・すべり症の痛みと骨の関係

腰椎分離症やすべり症は、脊椎の一部が骨折していたり、辷りだして位置がずれたりしている状態をいいます。
それが理由で背骨が不安定になって神経を刺激し、腰痛になることが一般的です。
しかし、腰椎分離症やすべり症の痛みは骨の状態とあまり関係がないと考える病院もあります。

腰椎分離症は、腰骨である腰椎の関節の合わせ目の部分が離れた状態、すなわち骨折したままくっつかない状態のことです。
多くは、腰骨の4番目と5番目の間、5番目とその下の”仙骨”によく発生し、若い頃スポーツなどの長期間にわたる負荷の繰り返しによって起きた疲労骨折によるものだと考えられています。

一方、腰椎すべり症は背骨が前にずれた状態で、前方にゆるやかなカーブを描いている腰骨である椎骨が、支えていた靱帯や筋肉などが衰えなどにより、支え切れなくなって前に飛び出してしまう症状です。
腰椎分離が原因で起こる「分離すべり症」と分離がなくてもすべってしまう「変性すべり症」があります。

腰椎分離症やすべり症は、長時間同じ姿勢や、重労働をした後に痛みが出るのが特徴で、体を後ろに反らせると激しい痛みになることもあります。

しかし、脊椎分離症だけの場合では必ず痛みがあるとは限らず、痛みがあったとしてもいきなり激痛に襲われるというより、だんだん症状がきつくなることが多いようです。
腰椎分離症もすべり症もレントゲンによって確認することができます。