腰椎すべり症と整体

腰椎すべり症と整体

最近では腰椎すべり症を整体で治療することは、一般的になっています。

腰痛を抱えた人が、最初から民間医療の整体院を訪ねることもあれば、最初は整形外科を受診し、手術などの治療が必要でない場合には、その後整体に切り替えるというケースもあるでしょう。

たとえば腰椎すべり症のような、正常な腰椎がすべって起こるような腰痛でも、整体によって痛みがなくなり、正常に日常生活を送れるぐらいにまで改善されることもあるのです。

腰椎すべり症にも個人差がありますから、自分に合った治療方法を探していかなければならず、整体はその選択肢の一つになると思います。

腰椎すべり症のように、骨のずれによって痛みが生じていると考えられる腰痛は、やはり骨に原因があると考えますが、腰痛は基本的には骨を支えている筋肉に問題があると考えられています。

整形外科の治療においても、保存療法で腰痛症の改善がみられることが多いというのは、筋肉の状態が正常になったことで痛みから開放されたもので、骨が原因ではないことを示していると思います。

整体では、腰椎すべり症の原因である、腰椎のすべりそのものを治療すること、つまり、元に戻すことはできません。

筋肉へ働きかけることによって、背骨の湾曲を整えるような治療を行い、背骨の関節にかかっている負担を減らしていきます。
つまり、背骨の中で圧迫されている中枢神経への負担を軽くするということで、当然、これによって痛みは治まっていきます

腰椎すべり症というのは、完治が困難な疾患ですから、「痛みを軽減する処置」というのは、とても重要なものであるといえます。

整体は、手足を使った手技による施術で体を整え、体幹から四肢への脈絡の流れを良くし、脈絡改善によって各症状の改善を期待する「健康法」ということになっていますので、病院での医療とは全く違っています。

整体治療を行う場合に重要な事は、自分に合ったよう治療院を探すことです。
つまり、良い施術者に巡り合えることが重要です。その為にも「元気になろう」という患者自身の強い気持ちが必要で、病院選びにも努力をしなければなりません。

整体の施術師は国家資格ではありません。
医療行為ではない整体を利用するということは、自己責任が問われることでもあるわけです。整体を利用する場合は、この点をしっかりわきまえておかなければなりません。