腰椎分離症、スポーツ選手に多い理由は

腰椎分離症、スポーツ選手に多い理由は

腰椎分離症、腰椎分離すべり症は、 サッカー選手をはじめ多くのスポーツ選手に見られる病気です。
成長期での運動し過ぎで、この病気に悩む子供も少なくありません。

原因は、「椎弓」と呼ばれる腰椎の後ろ半分は、リング状の構造になって細く、弱くなっている部分があり、ここが、背中を反らす運動、ジャンプして着地する際の衝撃などで、疲労骨折を起こすためです。

疲労骨折のほとんどは下部の第5腰椎に起こります。
この部分で骨の連続性がとぎれると、脊椎の上下の連続性を前方の椎間板だけが支えることになるので、椎間板を傷めやすくなり、また分離部に負担がかかるため痛みを引き起こしたりします。

腰椎分離症が起こると、その箇所の椎骨は構造上前方へすべりやすくなり、腰椎分離症の約30%に腰椎すべり症が生じていると言われています。

症状は、運動しているときにのみ痛みが起こり、通常の生活では痛まないことが多く、背中を反らすと痛みが増加する特徴があります。

サッカー選手に比較的多く見られますが、他のスポーツでも見られます。
後屈(身体を後ろにそらす)動作で椎弓狭部に負担がかかり、この動作が多かったり、腰椎の前彎(前方凸カーブ)がきついと分離が発生しやすいと考えられています。

Jリーグサッカーチームのユースチームの10代選手を調査したところ、約30%の選手に腰椎分離症が見られたといいます。

スポーツに関わっていない人にも見られますが、10~15歳の成長期でスポーツ選手およびスポーツ愛好家に発症の頻度が高く、その報告例でも20%以上です。(非スポーツ選手は約5%程度)
これは、骨の発達が不十分な時期に、激しいスポーツをすることによって、腰部への負担を繰り返す事によって起きた疲労骨折と言われています。

しかし、腰痛などの症状はでていないのは、彼らは腹筋、背筋をしっかり鍛えているためだと考えられています。
スポーツをしている成長期の子供は、腰椎分離症になる可能性が非常に高いので、少しでも腰に痛みを感じるようであれば、医師の診断を受けることが大切です。