腰椎分離症、治療時期による骨癒合の可能性

腰椎分離症、治療時期による骨癒合の可能性

腰椎分離症は、腰椎の椎体後部にある「椎弓」という箇所に起こる疲労骨折です。
腰椎分離症は全年齢で起こり得る腰痛症ですが、特に成長期に激しいスポーツをしたことが原因となって起こることが多くなっています。

成長期・思春期に多い疲労骨折が原因で起こる腰痛症であり、思春期脊椎分離症という名称で一般の腰椎分離症と区分けされて表現されることもあります。

腰椎分離症の病期は、初期、進行期、終末期に分かれます。
初期の段階で症状を発見すると疲労骨折を起こした椎弓部分の癒合の可能性が期待できることから、スポーツを一旦禁止して骨癒合を目指します。

その場合、専用のコルセットを装着して保存療法で対処していくのですが、若い方の腰椎分離症の多くがかならずしも骨癒合が期待できるというわけではありません。

腰椎分離症の進行期や終末期にようやく治療に臨んだという場合は、骨癒合を目指すのではなく、痛みを取り除き、且つスポーツ復帰に向けた治療を優先せざるを得ないケースもあります。

このように、発育期の腰椎分離症では、発見から治療開始が初期の段階か、終末期の段階かで治療法も大きく変わってきます

疲労骨折の時期に適切な治療が行われると骨折部の骨癒合が期待できますが、時期を逃がすと偽関節といったものになり、骨折端が硬化し骨癒合を得ることが期待出来なくなります。
理由のひとつに、成長期の骨には成長軟骨層があり、成長を終了している大人の骨との大きな違いがあります。

成長軟骨層は、上肢や下肢では骨の端部、関節の近くに存在していて、背骨においては、それぞれの椎体の上下面にあります。

成長軟骨層が小学校の中高学年ぐらいから骨化がスタートしはじめ、そして骨化した成長軟骨層は椎体と癒合することで消失し、骨の発育が完了します。
それが中学生から高校生の時期にあたるのです。
つまり子供によっては、中学生で骨の発育が完了するといった早いペースで進む場合があります。

腰椎分離症を発症していても、たまたま痛みが酷くなかったため、3ヶ月、半年、1年と放置してしまうと、あっという間に成長軟骨層の骨化が進み、疲労骨折した椎弓部分の癒合がもはや期待できない状態になっていることがあるということです。

他の理由は、ある調査においては、初期では8割以上の骨癒合が見られ、進行期でも7割弱の骨癒合が見られるのですが、偽関節となる終末期では、骨癒合が得られる確率は0%に近く、骨癒合は期待できません。

初期と進行期に限定すると、骨癒合率は7割以上となり、終末期とは格段の違いとなります。このことから、腰椎分離症においても、いかに早期に受診・診断、そして骨癒合に向けた治療が重要であるか理解できると思います。

仮に骨癒合しなくても、それほど強い機能障害が残るわけではなく、正しい治療と筋力強化を中心としたリハビリを行うことで、普通にスポーツもできます。なぜなら、成人の腰椎分離症はほとんど無症状なのです。

ただし椎弓に分離箇所があることから、将来的に「すべり症」を誘発する可能性があることは否定できません。