脊椎すべり症とは

脊椎すべり症とは

脊椎すべり症とは時と場合によって、腰椎すべり症と同じような意味で利用される言葉となります。そのため意味している症状としては大きく違わないことになります。なぜこのような言葉があるのかと言うと、それは腰椎分離症やすべり症などが多くの症状につながる可能性があり、症状として発見した時には、腰椎分離症とははっきりとわからないことがあるからです。その時の症状から判断して名前をつけることが多いので、同じ症状でも二つの名前があったりします。またこれとは全く異なる理由としては、腰椎すべり症によって引き起こされた症状であるから、脊椎すべり症というように呼ばれる事もあるようです。専門的なことを学んでいる人の場合、この二つについて良く知っておく必要がありますが、一般的には同じものとしてみておいて大きな問題はないと言えます。人によって使う言葉が違うこともあるので、そのような時のために知っておくとよい言葉と言えるでしょう。