用語で混乱しないように

用語で混乱しないように

腰椎分離症と腰椎すべり症は似ている点もありますが、異なる点もある症状です。しかし同じような分類として扱われる事も多く、どちらがどちらかわからなくなってしまうこともあるでしょう。腰椎分離症、腰椎すべり症だけではありません。これと大きく関連する。特に腰椎すべり症と関連の深い坐骨神経痛なども時と場合によって利用の仕方に差が出てくる言葉と言えるでしょう。この言葉は症状の名前でありこれ単独で起こることはあまりないと言えます。他の腰に関する問題から出てきてしまうことが多いことになります。坐骨神経痛を一つの独立した病気や障害というように考えてしまうと。ほかの症状や障害の説明をされた時に、大きく食い違った見解になってしまうこともあります。そのため医師などの説明が上手く理解できなくなってしまうこともあるでしょう。特に腰の症状は多くの要素が絡み合っている事も多く、わかりにくくなってしまうことも多いので注意が必要です。