腰椎分離症の効果的な治療法「 PNF筋整復法 」

腰椎分離症の効果的な治療法「 PNF筋整復法 」

腰椎分離症は、将来すべり症から脊柱管狭窄症になる可能性があります。
特に、一日中椅子に座って仕事をしていたり、重いものを運ぶような、腰に負担がかかる仕事をしていると、進行が早まります。

腰椎分離症から約30年から40年ぐらいのスパンで、長期にかけて進行が進み、その間に急性腰痛を何度も発症し、その度に症状が進行していきます。

腰椎分離症は途中様々な急性の痛みを発しますが、痛みが自然になくなるので治ったのかと思い、ついつい放ってしまいます。
問題はその点にあって、急性の痛みを発した時点で効果的な治療を行えば、悪化することはないのです。

腰椎分離症の効果的な治療法に「 PNF筋整復法 」があります。
「 PNF筋整復法 」は、アメリカで開発された運動療法・PNFを、日本で独自に改良・進化させた手技療法です。

PNFは運動機能の向上、さらにスポーツ障害や関節障害からの回復の促進を目的としていて、日本では固有受容性神経筋促通法と訳されています。
「PNF筋整復法」(正式名・・神経筋整合法)は、神経・筋肉の働きを劇的に改善させる治療法として、平成5年7月10日、日本内科学会近畿地方会で発表された、正式に効果が立証された手技療法です。

病院でのリハビリテーション等で用いられる理学療法手法で、痛くない整体といえます。
下肢筋群の運動反射弓を連動させ、中殿筋の筋整復を行い、寛骨筋群と脊柱起立筋群とでつくる運動反射弓を利用して、脊柱起立筋斜筋系の筋整復を行い症状の改善をはかります。

しかし、腰椎分離症は痛みが無くなったからと治癒した訳ではありませんから、定期的に通院して、すべりの補正をしなければなりません。

そうすることにより、症状の進行をおさえ、日常生活を過ごせるようにしていきます