腰椎すべり症、整形外科の診断

腰椎すべり症、整形外科の診断

腰痛と云えば、専門分野は整形外科となります。
腰椎すべり症も整形外科の分野になりますが、腰椎すべり症などの脊椎に関わる分野の場合は、脊椎専門医がいる病院が最適であると考えます。

腰椎すべり症に限らず、「腰痛」を引き起こす疾患はとても複雑に入り組んでいます。
腰椎すべり症、腰椎分離症、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などと、実にいろいろとあります。
そして、腰痛を抱えて整形外科を受診すると、病院によって下される「病名」が異なることがよくあるのです。

しかし「この腰痛の原因は何か」という一点で考えた場合、上記のような疾患であれば、たとえ診断名が異なっていたとしても、これは大きな問題ではないのです。

上記の病名や症状名は、すべて脊椎(腰椎)がずれたり変形したりした結果、脊髄を走る中枢神経を圧迫することに根本的な原因があります。
ですから、たとえ病院によって違う診断名であったとしても、治療の目的は「中枢神経の圧迫を減らすこと」となるからです。

よく、腰痛関連で通院していても、整形外科にいくら通っても駄目なのではないかという考えになるほど、実際回復にはなかなか至らない事も多いようです。
しかし、整形外科に通院する事は決して無駄ではないのです。

整形外科では、レントゲン写真等でより客観性の高い診断をします。
更に症状がひどい場合は、MRIで診断されます。
また、痛みを取るために麻酔薬を注射する神経ブロック療法も適用されます。

この神経ブロック注射は、痛みをとるばかりではなく、痛みの原因を特定する目的をも兼ねています。
つまり、腰痛には中枢神経の圧迫が原因である場合と、内臓疾患などが原因である場合があります。
神経ブロック注射によって一時的にでも痛みが改善されたなら、それは中枢神経の圧迫が原因であると特定できるのです。。

腰痛で悩むのであれば、まずは整形外科を受診し、症状の推移を見ながらその後の治療先を検討するのが良いと思います。

腰痛は、鍼灸、カイロプラクティック、整体などの治療院でも症状の軽減を図ることはできます。
しかし、これらの民間療法を行う治療院では、健康保険の適用外である場合が多く、それなりの出費は必要となります。