腰椎すべり症とぎっくり腰の違い

腰椎すべり症とぎっくり腰の違い

腰椎すべり症とぎっくり腰は別の病態ですが、症状が起こるメカニズムは同じです。
大きな違いは「痛み」の現れ方にあります。

ぎっくり腰は、「急性腰痛」「椎間捻挫」とも呼ばれ、いきなり「魔女の一撃」といわれるグキっという衝撃と共に、腰が強烈な激痛に襲われるものです。

腰椎すべり症は、激痛を起こすことはほとんどなく、なんとなく痛い、腰に違和感がある程度の痛みが徐々に進行していきます。
しかし、腰椎のすべりが起きた瞬間は「腰が抜けそうなヒヤッとした感覚」に見舞われるそうです。

腰椎すべり症では、長い間の生活習慣や加齢などによって腰椎が徐々に前方にすべり出しますが、これに対してぎっくり腰は、腰椎のすべりが一瞬にして起こります。

ぎっくり腰の場合、腰椎のすべりが「瞬間的な滑り」で、その気配を察知した腰の筋肉がやはり瞬間的に保守反応を示し、腰椎を元の位置へと戻そうと反発するのです。
この筋肉の優れた反射作用によりすべりは戻りますが、瞬間的に大きなパワーを使い負荷を負った筋肉は、炎症反応を起こし「激しい痛み」「発熱」といった諸症状を引き起こしてしまいます。
ぎっくり腰を起こすと腰に激痛が走るのはこのためです。

腰椎すべり症では、滑ってずれた腰椎が元に戻らずに、ずれっぱなしなので、急激な痛みはなく、腰の痛みは鈍痛です。

しかし、腰椎すべり症においても、状況によっては激しい痛みが現れることがあり、この状態で病院を受診すると、医師によっては「ぎっくり腰」と診断する場合も、「腰椎すべり症」と診断する場合もあります。
これは「腰椎がずれる」という点においてはどちらの病態も共通しているからで、医師の診断はどちらも正しいといえます。

腰椎すべり症は比較的高齢者に多い病態ですが、ぎっくり腰はスポーツをすることや、生活習慣なども原因となるので、若い世代にも多くおこる病態です。

いずれにしても、医師の指示に従って治療を行うことが大切です。