片側分離症

片側分離症

脊椎には左右両側に関節突起がありますが、分離症では片側の突起間部が分離するケースと両方とも分離するケースがあります。

片側の突起間部が分離する片側分離症は、腰椎分離症の全患者のうち、2~3割を占めます。
どちらか一方だけが骨折していて、もう一方は骨折のない正常な状態の場合です。

両側分離症に比べると安定性がよく、しかも骨癒合が得られやすいのが特徴です。
そして、腰椎すべり症のような骨のずれも生じにくく、辷り症には発展しないことが多いです。
しかし、スポーツ選手の場合、まったく異なり、一方が骨折していることによって、反対側の正常な方にかかる運動中のストレスは実に10倍以上に達するといわれています。

つまり、片側分離症を持つスポーツ選手が強い腰痛に襲われた時は、反対側の突起間部が分離を起こした可能性がある事になります。
あるいは椎弓根が骨折しているとも考えられます。

片側分離症も、MRIやCTでの検査で診断が可能です。
片側分離症の場合、ほぼ全ての症例においてコルセット装着とスポーツの休止によって椎弓根骨折の骨癒合が得られます。

片側だけ痛むけれども全体的な腰痛ではない場合、この片側分離症の疑いがあります。
片側だけだから・・・と軽視せず、腰椎分離症の疑いがあるからには早めに医師の診断を受けることが大事です。