腰椎分離症の原因

腰椎分離症の原因

通常、成長期の人における腰痛で多いのは筋膜性腰痛症です。
その原因は、スポーツをする前の準備運動や整理運動の不足や、運動のきつさのレベルなどにも原因はあります。
数日、運動を減らす程度で軽快するのがほとんどです。

腰椎分離症もしくは腰椎すべり症が原因の場合は、病気が問題というよりもその対処が難しくなります。
腰椎分離症は何かしらの原因で腰椎から『一部組織が分離』してしまう事により起こる症状で、殆どのケースで「分離するもの」とは「椎弓」の一部になります。

腰椎分離症は、小学低学年から中学前半頃によく発症して、中学から高校時代になって腰痛が続くので病院に行って腰椎すべり症と診断される例がほとんどです。
一般でも腰痛者の10%弱の人々に腰椎分離の状況が確認できるのですが、そのなかでも腰椎分離症の症状がまったく出ない人もいるのです。

腰椎分離症もしくは腰椎すべり症の原因は、生まれつきの骨の弱さが原因の一つでもありますが、多くは疲労骨折が原因と考えられています。

激しいスポーツによって起こる事が多く、過激な運動が骨に影響を与えており、腰部の負担のなかでも捻れが加わった事が考えられています。

しかしながら、「椎弓」の一部が分離する明確な「何かしらの明確な原因」は今に至ってもはっきりとしていないのが現状です。