腰椎分離症・すべり症を年代別でチェック

腰椎分離症・すべり症を年代別でチェック

腰痛は発症する年齢によって、原因が何であるかを推測する事もできます。
例えば、腰痛が発症した原因が腰椎分離症・すべり症かどうかは年代別で下記のように推測できます。

20歳以下であれば、運動中に腰痛がある場合は腰椎分離症の可能性が大きいと思われます。
その場合、骨折してすぐの時には、安静時においても腰痛を発症する場合があります。
また、骨折直後で骨折周囲に出血をしていると、神経根を刺激し下肢痛を起こすこともあります。
しかし、下肢痛は椎間板ヘルニアでも発症しますので、きちんとした診断が必要になります。

20歳から60歳での腰痛や下肢痛の原因は、腰椎分離症や腰椎すべり症であることは極めて少ないといわれています。
ただとても強いすべり症などが合併した場合には、腰痛の原因となることはあります。
また、この年齢層で腰痛や下肢痛がある場合、レントゲンによる検査を行って腰椎に分離があったとしても、原因は他の疾患である可能性も考えられます。

60歳以上では、腰椎の分離があると分離部分に骨棘が生じて神経根を刺激するため、腰椎分離症が下肢痛と臀部痛の原因となることがあります。

このように腰椎分離症の症状は年齢によって違いがあります。
しかし、腰痛のみでは特定できるものではありません。
自分の推測で誤った判断をすると危険な場合がありますので、きちんと専門医の診断をあおぎましょう。