腰椎すべり症

腰椎すべり症

脊椎の下部、腰の部分である腰椎の位置がすべるようにしてずれたことで起こる椎間板ヘルニアと似たタイプの疾患です。

脊髄中枢神経から坐骨神経へと別れる場所での圧迫が主な原因で発症します。
一般に高齢の女性に多くおこりがちで、加齢とともに脊椎の関節や靭帯がゆるんできて、脊椎をまっすぐ支えられなくなり辷りが起きる「変性すべり症」が多くみられます。

また、腰椎分離症が原因で下の腰椎がすぐ上の腰椎を制動することができなくなり、ずれが生じる「腰椎分離すべり症」の場合もあります。

分かりやすくいうと積み木を重ねて積み上げられたようにして連なった状態の腰椎は、前方向に傾いた骨盤の中央にある仙骨の上に乗っています。
そのため、腰椎は前方へと滑らないように関節によってしっかり支えられていますが、腰椎に分離が起こると不安定になってしまい、腰椎がすべってしまうことがあります。

人に本来備わっている、腰部の緩やかなカーブ(生理湾曲)が崩れてしまうと、バランスがたもてなくなり、すべった上下の関節部分においても異常な動きになってしまいます。
この為に2次的にヘルニアや他の症状を引き起こしてしまう恐れもあります。

椎骨には椎孔という穴があいており、それが並んでトンネル状になったものが脊柱管であり、その中を馬尾神経が通っています。
したがって、並んでいる椎骨がずれるとその部分は狭くなってしまい、神経が圧迫されることになるのです。
腰が曲がっている人の多くがこの状態で、脊柱管狭窄症を合併することが殆どです

すべりが起こったとしても症状が出ない場合もあるのですが、脊柱管狭窄症を合併すると腰部の神経を刺激してしまうことがあり、お尻や太ももの裏側のあたりに痛みが出てしまうことがあります。
これら刺激や圧迫されている部位によっては歩行で足がしびれたり、長い距離を歩いたりすることなどが出来なくなってしまうこともあります。

変性すべり症の場合も、腰椎がすべることで腰痛を起こしてしまいます。
症状がひどい場合においては、分離すべり症と同じように、歩く時はしばしば休憩をとりながらでなければ、歩くことができない状態になってしまいます。