腰椎分離症とは

腰椎分離症とは

腰椎分離症は腰椎の椎体を主体とする前側の部分と、椎弓や棘突起を主体とする後ろ側の部分が反復するストレスによって分離してしまう疲労骨折の一種で、椎間板ヘルニアと似ているタイプの坐骨神経痛です。
早めにしっかりとした治療をすれば骨がくっつく場合もあります。

脊髄中枢神経から坐骨神経へと別れる場所での圧迫が主な原因だといわれています。
腰部においては腰椎とよばれる骨が、骨盤の中央にある仙骨の上に5つ積み重なっており、その仙骨と連なっている腰椎には緩やかなカーブが備わっているのです。

その緩やかなカーブはとても重要で、カーブが保たれることによって腰にかかる多くの衝撃を吸収し、上半身を支える腰として機能しているのです。

腰椎の分離が起こった状態というのは、腰椎の関節を構成しているあたりの骨が切れてしまった状態となっています。
これは、子供の頃に体を酷使するような激しいスポーツなどをすることによって、非常に大きな負荷が腰部にかかった場合などに起こる疲労骨折が原因ではないかと広く考えられています。
「野球」「サッカー」「陸上」「新体操」「柔道」「水泳」などで起こりやすいとされています。

この分離が起こった状態というのは、仙骨と腰部のつなぎ目に相当する部分の第5腰椎に多く見られることが知られています。腰椎分離症になってしまうと、重要な緩やかなカーブが保てなくなり、ほとんどの場合において腰を後ろへ反らせる動作をしたときなどに腰の痛みを感じることがあります。

あるいは長時間にわたる歩行、同じ姿勢の保持で、腰全体の重苦しい痛みがあります。とはいえ腰椎が分離していたとしても、必ずしも腰が痛くなるというわけではなくて、症状が出ないまま気が付かずにスポーツを続けているような例もあります。

治療法並びにリハビリは、受傷直後は固定するなどして安静を保ちます。
痛みが強い場合では局所への注射・痛み止めの薬などで痛みを軽減し、徐々にストレッチングそして、筋力強化を行います。
これらは必ず専門医の指導の下で行いましょう。

スポーツ復帰後も腰の痛みや、重だるさが残る事もありますが、これは腰椎分離症からくる腰周りの筋肉の緊張によるものと考えられます。
このような場合にはマッサージが効果的です。また、「腹横筋」を鍛えれば、腹横筋が腰のコルセットの役割をしてくれます。