腰椎すべり症の場合の処置

腰椎すべり症の場合の処置

椎すべり症の場合は、レントゲン検査で判断することができます。
殆どの場合において手術をしないで、コルセットの装着、痛み止めの服用などで痛みを緩和した後、理学療法、筋力の強化などの保存治療で症状の改善を図ります。

それでも日常生活に支障をきたすなど、症状に改善がみられない場合は手術を検討することもありますが、その場合は術後の状況や過ごし方なども含めて、医師からよく説明を受けることが重要です。

保存治療の基本というのは「安静」ですからコルセットをつけて動きを制限することがあります。
薬物療法においては疼痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などを用います。
また、神経の修復を助けることが目的で神経賦活薬や末梢循環改善薬なども用いることがあります。

温熱療法は、温めることによって末梢部分の血液循環をよくし、疼痛の改善を目的に用いられます。
また、神経ブロックは保存療法の最後の手段とも云えるもので、神経に局所麻酔薬を注射し、脳に伝わる痛みをブロックします。
神経ブロックの初回は治療目的で行われますが、現れている痛みが「腰の神経の圧迫によって生じている」という診断的な意味でも用いられ、他の腰痛を来す内臓疾患との鑑別に用いられることがあります。

このような保存治療を行なって症状が改善しない場合には手術が行われます。
多くの場合には、腰椎すべり症ですべっている椎間の固定術を行ないます。
固定術は骨盤などの自分自身の骨を移植する場合と、人工骨を用いる場合とがあります。他に固定の補助として用いる金属製の器具を使う場合もあります。