負けず嫌いな人も注意

負けず嫌いな人も注意

運動で腰椎分離症になってしまうことが多いですが、練習などがしっかりと管理され、密度の濃い良い練習などを行っていても、腰椎分離症になってしまうことはあります。それはやはり上手くなりたいなどという向上心から自主練習などに励んでしまうことが多いからです。負けず嫌いな人でこれをしない人は恐らくいないと言えるでしょう。そのため本来体を休めるべき時間に動いてしまうことになります。

これが腰椎分離症につながってしまうこともあると言えるでしょう。自主練習によって技術が上達する事もありますが、自分で練習で行なった以上のことをするよりも、それまで行なってことを復習していくくらいの気持ちでいるほうが体に余計な負担をかけずにすると言えます。上手くなりたいという気持ちを練習で発散する事も非常に大切ですが、時にはその気持ちを我慢して、自主練習ではない公の練習にぶつける事も大切になってくると言えるでしょう。体を休める事も、技術上達の近道になると言えます。