ぎっくり腰と腰椎分離症・すべり症

ぎっくり腰と腰椎分離症・すべり症

腰痛には、ゴルフなどで腰を大きくひねることや、腰を後ろ側に急に反らすような動作で起こる腰痛や、一般的にぎっくり腰と呼ばれている急性腰痛症など、さまざまな症状があります。

腰への負担が続くと、年配者は変形性腰椎症を発症することが多く、若年層では激しいスポーツをする人に多い、腰椎分離症または腰椎すべり症などになりやすいといわれています。

腰椎分離症とは、脊椎の関節突起部分に亀裂が入り、最終的には分離するというもので、いわば疲労骨折なのです。この分離部分が前にずれてしまうと、分離すべり症と呼ばれるようになります。

腰椎分離症の急性期時は、神経への影響の仕方によっては、わずかな動きでも激痛が走り歩くこともできなくなる場合があります。

このような場合には安静を心がけ、早めに病院を受診するようにしましょう。
しかし、普通の腰痛症より若干痛みがキツイかなという程度が殆どですので、腰への負担を極力避け、腰周りの筋力を鍛えることで痛みはなくなっていくようです。

また、いきなり症状が現れるわけではないため、症状に気付かずに放置して気がついたら慢性化していたというケースも少なくないようです。

また、ぎっくり腰と云われている急性腰痛症は、中腰で重いものを持ったり、無理な姿勢を長時間続けることなどで、腰に急激な負担がかかった時に起こります。

このぎっくり腰の痛みは、筋肉の繊維が裂ける、腰のじん帯が捻挫する、などの状態になるので、かなり激しいものとなります。

ただ、比較的軽いものだと、多くの場合で何日間かの安静により痛みも軽減するのですが、痛みの原因が椎間板ヘルニアや骨折などの場合もありますので、病院での受診が絶対に必要です。