腰椎分離症、「予防」

腰椎分離症、「予防」

スポーツ活動をしていて腰痛に悩まされる人がいると思いますが、それは「腰椎分離症」という傷害かもしれません。
腰椎分離症とは腰の骨の疲労骨折のことです。
疲労骨折はスポーツ時に意外に多く発生する骨折です。

背骨(脊椎)の中でも特に頑丈な腰椎ですが、日常生活やスポーツなどで強い力がかかる部位であり、いかに頑丈であっても疲労からひびが入ることがあり、これが脊椎分離症です。
脊椎分離症が進行し、ひび割れて完全に椎弓部分が断裂して前方にすべった場合が脊椎分離すべり症となります。

腰を大きく反らす動作が脊椎分離症を起こしやすく、背筋が衰え、骨が弱くなっている中高年や、背筋や骨の形成が未成熟な小学校高学年に多く見られます。
若年期に激しいスポーツ、とりわけ腰を大きく反らす動作のあるスポーツをしている場合は、気をつけなければなりません。

また、高齢者も日ごろの姿勢に注意し、腰を大きく反らすようなことの無いように心がけなければなりません。

また肥満は腰部に過大な負荷をかけることになり、腰椎と骨盤のリズミカルな動きを妨げて腰部障害をもたらす一因となります。
つまり、肥満の解消は腰痛の予防につながります。

脊椎分離症・脊椎すべり症の予防・改善に有効なのは、腹筋運動とストレッチです。
腹筋が弱いと腹圧も弱いので、腰が反り気味の姿勢になり、腰椎が前にすべりやすくなります。

スポーツをする前には準備運動を必ず行いましょう。
また、腰椎周辺の諸筋肉のリラクゼーションを目的に、背筋群、ハムストリングスのストレッチングを中心とした軽い柔軟体操を行う事が、脊椎分離症・脊椎すべり症の予防に有効です。
また、少年期のスポーツ選手の練習量は、1日2時間程度を目途としましょう。

一般的に分離症患者には、股関節周囲の柔軟性が低く筋力がない、体幹の安定性も低いという傾向にあります。
股関節周囲の柔軟性が低いと骨盤の動きが悪くなり、腰椎に必要以上の負担がかかるということが考えられます。

従って体幹の安定性を高めて、かつ股関節周囲の筋力が強くなることも腰椎の負担を減らすためには重要で、脊柱周囲の筋群(インナーマッスル)をストレッチなどで鍛え、強化することが大切です。

脊椎分離症は、軽症ならば痛みを感じることが少ないため、医師の診断を受けることなく無理をして、悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。
腰の疲労感や鈍い痛みを感じたら、早めに整形外科を受診することが大切です。

腰椎に負担のかかる原因は、人それぞれ違います。
『コレが絶対的な予防法』というものはありませんので、常に全身的なケアとトレーニングが必要であるということです。