子どもでは腰椎分離症、大人では腰椎すべり症に

子どもでは腰椎分離症、大人では腰椎すべり症に

全ての人がそうであるとは言い切れませんが、子どもの時の腰椎分離症が大人になって腰椎すべり症になることもあります。特にしっかり治していない場合、腰椎すべり症になってしまうと言えるでしょう。腰椎すべり症が腰痛にならずに、隠れて存在している事もありますが、酷い腰痛になってしまうこともあります。腰椎分離症をしっかりと治療しておくことでこれを根本から防ぐことができると言えます。このような腰椎分離症がなくても腰椎すべり症になってしまうこともありますが、腰椎分離症を防いでおくことの意味が大きいと言えるでしょう。

早期発見、早期治療はその場に限ってよい効果があるというよりも、将来的にみてよい効果があるということの方が大きなメリットと言えるでしょう。早期治療をしたおかげで、症状の影響を後に引きずりにくくしていくことができます。完治までに時間がかかってしまったとしても将来的に影響するよりもずっと良いと言えるでしょう。