腰椎変性すべり症とは

腰椎変性すべり症とは

腰椎変性すべり症とは、中年以降の女性に多くみられる疾患で、第4腰椎と第5腰椎の間起こりやすく、「慢性的な腰椎のゆがみ」となります。

腰椎分離すべり症のような椎弓の上下関節突起部分の断裂はみられず、加齢などに伴う椎間板の変性や椎間関節の変性で起こります。

椎間関節は脊椎の安定にとても大切で、腰椎変性すべり症は椎間関節が形態的に弱みなどの問題がある人に多く起こりやすいとされています。

老化による椎間板や、椎間関節の変性が強くなることで脊椎がゆるんだ状態になり、第4腰椎の下関節突起部分が第5腰椎の上関節突起部分を少し乗り越えて前にずれてしまいます。

腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫されて、脊柱管狭窄症と同じような、症状が出ることがあります。
少ない距離なら歩けるのですが、次第にお尻や太ももの部分が痛くなって歩けなくなり、少ししゃがんで休めば楽になって、また歩けます。

また、座骨神経痛、足のしびれ、また足の親指に力が入らない、足の筋肉の衰え、などの症状があらわれます。
腰痛はあるものの比較的少なく、全く腰痛がない患者さんもいます。
腰をうしろに反らすと神経の圧迫が強くなり腰痛や足の痛みが増します。

診断は、腰椎の「ずれ」についてはX線検査で、神経の圧迫の程度はMRI検査によって判断されます。

治療は、程度の軽い場合はなるべく安静にし、コルセットなどの保存療法を用いて治療します。
痛みがあるときは消炎鎮痛剤で炎症を抑え、痛みの軽減を図ります。
安静にしていて薬物治療をおこなっても、痛みがはげしいときは神経ブロック注射を行います。

それでも効果がなく、日常生活に支障をきたした場合は手術を行います。
手術は「ずれ」や「動き」の程度によって、脊椎の一部を切除したり、人工靱帯ですべりのある部分の脊椎間の動きを抑えたりします。