腰椎すべり症と坐骨神経痛

腰椎すべり症と坐骨神経痛

腰椎すべり症と坐骨神経痛は深い関係があります。

坐骨神経痛は何らかの原因で坐骨神経という部位が圧迫されることで、お尻から太腿の後ろ側にかけて激しい痛みやしびれを生じるもので、この症状が悪化するとしびれが足先へと進んでいきます。
実はこの病気の原因がよくよく調べてみたところ腰椎すべり症だったということが良くあります。

腰椎すべり症は坐骨神経痛に発展する事が多い腰痛疾患で、中高年に多い「坐骨神経痛」の原因の多くは慢性的なすべり症から発展したものが殆どです。

坐骨神経痛はお尻から太ももにかけての痛みで、原因もその周辺にあると思われがちです。しかし、その患部に色々な治療を施しても痛みが取れないという場合、実はその痛みの原因は腰にある「腰椎すべり症」であったということが多くあるのです。

腰椎すべり症になると、腰椎が前方にすべってしまい脊椎の神経を圧迫します。
この時脊髄を通って下に伸びていく神経を圧迫することもあり、それが坐骨神経痛となるのです。

腰椎すべり症によって脊髄の神経が圧迫された結果、坐骨神経痛を引き起こしているケースが数多くあるのです。

腰椎すべり症が原因となって起こっている場合には、下肢の実際に症状のある部分に治療を施しても、また痛み止めなどを使用しても、腰椎のすべりが解決されなければ症状はなかなかおさまりません。
脊髄を圧迫している部分の腰椎を手術などで移動させ、本来あるべき状態へと戻すことが必要なのです