腰椎変性すべり症、圧迫される神経の違いによる症状

腰椎変性すべり症、圧迫される神経の違いによる症状

腰部の脊柱管には脊髄から伸びた、見た目が馬のしっぽに似ていることから馬尾神経と呼ばれている脊髄神経が通っています。

また、馬尾神経から離れて椎間孔を通過する脊髄神経を神経根といいます。
脊柱管が加齢などにより変性して屈曲すると、人間に備わっている生理湾曲が崩れ、椎間板は脊柱管側に突き出てしまいます。

腰椎変性すべり症は、腰椎の椎間板の出っ張り具合により椎間孔狭窄を起こし、そこを通る神経根が刺激されて痛みやシビレを生じるもので、40歳以上の女性に多いと言われています。

中年以降、腰椎変性すべり症の好発年齢においては黄色靭帯が肥厚することが多く、その場合は前方の突き出た椎間板と、後方の肥厚した黄色靭帯とで脊柱管が狭められ脊柱管狭窄を生じます
その結果、脊柱管の中を通る神経根や馬尾神経が刺激されて多様な症状が発生します。
つまり、腰椎変性すべり症では、椎間孔狭窄と脊柱管狭窄によって下肢症状が起こることになります。

腰椎は前に湾曲しているため椎骨は前方にずれやすく、椎間板や椎間関節などの連結部が弱くなると容易にすべり症を起こします。

症状は神経根症状と馬尾症状に分けられます。

まず、神経根症状は椎間孔や脊柱管の中で神経根が刺激されて起こり、お尻、太ももの後ろ、膝の後ろ、ふくらはぎなど、坐骨神経に沿った部分に痛みやしびれが起こります。
神経根症状は治療しやすく、特に立っている時や歩いている時などに出る症状は治りやすくなります。

一方、馬尾症状は脊柱管で馬尾神経つまり脊髄神経の束が圧迫されて起こるため、しびれや麻痺のほか、異常感覚、排尿・排便の異常が見られることもあります。

安静時も症状が続き、両脚のしびれや麻痺が広範囲におよび、下肢の脱力感が顕著になります。
そのような場合は、神経の障害がかなり進行していることが考えられます。
一般に、神経根型より馬尾型の方が症状は重くなります。

いずれにしても、下肢症状を伴う場合は日常生活で無理をしないことが重要で、早期の専門医の診断が必要となります。

背筋を伸ばすと脊柱管が狭くなるため、前かがみの姿勢を保つようにすると楽になります。