なんともいえないからだのコリや硬さ

なんともいえないからだのコリや硬さ

腰椎分離症の症状としては、その信号を受け取ることの難しさがちょっとした判断を鈍らせてしまうこともあると言えるでしょう。腰痛として体が危険信号を出してくれるのであればわかりやすいのですが、そのような信号が出てこないこともあります。または隠れてしまっているなんてこともあると言えるでしょう。しかしそのような信号を本来発することが必要な場合では、体に違和感があることは多いです。

何となく体がこっていると感じたり、硬くなる、動きにくいと感じてしまうような場合です。このような場合披露とは違う原因があることも多く、決して楽観視することができない要素と言えるでしょう。大きな動きをゆっくりする分にはあまり感じないが急な動きをすると痛みが走るなどのような時は、隠れた危険信号が出てきていると考える事もできます。症状を適確に察知して、適切な理解を示すことが早期発見には有効です。

そして自分の体を守っていく大きな力になるでしょう。