リラックスしている時やしようとしている時がポイント

リラックスしている時やしようとしている時がポイント

何か動きをしている時に痛みがないかチェックすることは大切ですが、この時痛みがあっても無意識にそれを発生させないように筋肉で調節してしまうことはあります。そのため動いている時にはあまり痛みを感じないといことになってしまうこともあります。当然そうなると大丈夫と思ってしまうようになり、症状を発見することは難しくなるでしょう。

リラックスしている時に痛みがないかチェックしてみると良いです。意外とそのような時に痛みが出てくるということもあり、せっかくな確認ができる事もあります。また背伸びなどリラックスしようとする瞬間に痛みが出てくる事もあります。動こうとしている時よりも、動こうとしないときのほうが痛みのチェックには適している時もあると言えるでしょう。

痛みの確認方法をいくつか知っておくと良いといえます。また意識的に行う時よりも不意に行なった時に出てくる痛みを重視する必要があると言えるでしょう。不意に感じるような痛みが多くあるようであれば診てもらったほうが良いと言えます。