腰椎すべり症、再発防止策は筋力強化

腰椎すべり症、再発防止策は筋力強化

腰椎すべり症は椎間板の変性が原因となる変性すべり症と、椎弓の分離が下地となって発症する分離すべり症があります。
どちらも、手術しなければ完治しないというわけではありませんが、一度症状が改善したとしても、それまでと同じような日常生活を送っていると、再発する恐れが多々あります。

では手術すれば完治して再発は避けられるのかというと、そうでもないのです。
分離すべり症の手術で、固定術も行った場合は再発のリスクはかなりおさえられると考えられますが、椎間板の変性は徐々に進行していくものですから、椎間板ヘルニアとして再発することは十分考えられますし、脊柱管狭窄症と診断されることも考えられます。

そのため、腰痛症は常に再発のリスクはあるものだと考えて、症状がなくなったとしてもその後の生活に於いて再発のリスクを抑えられるような生活をする必要があります。

再発リスクを抑えるためのポイントは、筋肉強化です。
筋力の乏しい体は、体重や体にかかる負荷のほとんどを骨格で支えることになり、腰でいうならば腰椎にかかる負担はとても大きなものになります。
反対に筋力が充実している体は、極端に言うと背骨がなくても胴体を支えることができると言われるほど、骨にかかる負担はとても小さくなります。

膝の前十字靭帯を断裂すると、ギブスなどで固定しなければ歩行不能になるのですが、本人の脚の筋力が強い場合には、時として、さほど厳重に固めなくても歩行できる場合があるのです。
筋力とはそれほど大事なものであり、特に体量がかかる膝や腰などでは、その骨格に関わる筋肉を強化することがとても重要になります。

ただしハードな運動を無理にして筋力を強化すると、かえって腰痛を再発・悪化させてしまいます。
水泳やウォーキングなどが、体に無理なく筋力アップできる非常に良い方法です。
そして腰痛対策としての筋力強化で重要なのが表層筋よりも深層筋、所謂インナーマッスルを鍛えることです。深層筋は強い負荷をかけなくても強化することができますので、高齢の方や普段体を動かしていない方は無理のない運動で筋力強化を図って下さい。

長時間のデスクワークや車の運転を仕事としている方、現場作業などで前屈姿勢を強いられることが多い方は腰痛が再発しやすいのですが、筋力が充実していれば、仕事による腰への負荷を軽減できます。
筋力強化は、腰痛再発防止のための最善策といえるでしょう。

また肥満気味の方は体重を減らすこと心がけなければなりません。
体重が重いほど背骨にかかる負荷は大きくなります。
椎間板の変性は加齢とともに進むのですが、そのスピードは体重が重い人ほど早くなります。
取り分け、中年以降の体重増加は要注意です。

ウエイトコントロールも変性すべり症の再発防止には欠かせない課題です。
ただし減量のために食事をコントロールし過ぎると、カルシウムなどの必要な栄養が不足してしまい、骨にとっては良いことではありません。減量を行う場合は栄養のバランスを考えて、骨に必要なカルシウム分などは積極的に摂取するように心がけましょう。