腰椎すべり症の手術、セカンドオピニオンも必要

腰椎すべり症の手術、セカンドオピニオンも必要

腰椎すべり症の治療において一般的には手術をしないで、保存療法で改善を図ります。
しかし、100メートルも歩けない、排尿・排便障害などが起きている、痛みがどんどん増してきているなど、日常生活に大きな支障がある場合には手術が検討されます。

ただし、日常生活に支障がない範囲というのは、個人によって状況が違います。
人によっては手術の対象とならないような場合でも、患者本人が、「腰椎すべり症の為にやりたい事も出来ないので、早く治して生きがいを全うしたい」というような強い思いがあるようであれば、手術が行なわれることがあります。

病院では、患者の症状、またレントゲン、MRI画像診断などの骨のすべり具合の程度などから判断して、手術の実施を決めているようです。
しかし、一方であくまで患者自身の意思を尊重し、画像診断はその補助という病院もあるようです。

患者本人は手術をしたくないのに、医者に手術を勧められたから仕方なく・・・・という事で手術を決断するのはよくありません。

手術は、あくまでも自分自身が納得した上で決断しなければなりません。

医師によって疾患に対しての見解が異なる事は多々あります。
自分の意思と違うと思った場合や少しでも不安に思う様であれば、セカンドオピニオンで他の病院で診てもらうという選択肢も有ります。 
2〜3件の病院で診察を受け、一番自分が納得出来る方法を採ることが大切です。

手術を決断するのであれば、病院選びも大切になります。