腰椎すべり症をカイロプラクティックで治療

腰椎すべり症をカイロプラクティックで治療

カイロプラクティックは、「西洋医学」としての確固たる地位を確立した手技療法です。
腰椎すべり症をカイロプラクティックで治療することは、すでに一般的となっています。

腰痛を抱えた人が、最初からカイロプラクティックの治療を受けることもあれば、最初は整形外科を受診し、その後、カイロプラクティックで診てもらう、というケースもあると思います。

しかし、カイロプラクティックでの治療で、腰椎分離症や腰椎すべり症のような、すでに分離や辷りが起こってしまっている状態そのものを改善したり治癒したりすることは不可能です。

カイロプラクティックでは、痛みの出ている腰の部位にかかる重力負荷をまず取り除いていきます。
そして、痛みの原因となっている疲労骨折を起こしている部位そのものではなくて、背骨の湾曲を整えるような治療を行うことで、背骨の関節にかかっている負担を減らしていきます。

つまり、背骨の中で圧迫されている中枢神経の負担を軽くするということで、これによって痛みは治まっていきます

また、過度に負荷がかかったことで過緊張を起こして弱ってしまった周辺の筋肉、たとえば臀筋群、ハムストリング、腸腰筋などの緊張を緩和し、筋肉を健康にして筋力アップを図ります。
これらにより、腰の痛みも軽減してきます。

一方で、腰椎すべり症がひどくなってしまうと、脊柱管を圧迫して下肢のしびれなどを引き起こす場合もあります。

酷くなると手術になるケースも出てきますので、カイロプラクティック治療を一度受けてみることも、手術回避の一手段として検討しても良いのではないでしょうか。

カイロプラクティックは、腰椎分離症や腰椎すべり症に対して即効性はありませんが、サポートにはなります。
しかし、くれぐれも医療機関における専門医に相談したうえで行ったほうがいいでしょう。
また、カイロプラクティックは健康保険適用外ですので、この点はご注意ください。