腰椎すべり症とぎっくり腰のメカニズム

腰椎すべり症とぎっくり腰のメカニズム

腰椎すべり症とぎっくり腰は深い関係にあり、この2つの疾患は確かに別の病気ではありますが、症状が起こるメカニズムとしては同じなのです。その判断をする大きな違いは痛みに鍵があります。

腰椎すべり症は、腰椎が前方に辷り出す疾患なのですが、それが決して瞬間的なものではなく、長い間の生活習慣や加齢などによって徐々にすべり出していくので、腰の痛みはあるものの比較的鈍いものが多く、初期のすべり症だと違和感があるといったレベルのものとなっています。
一方、魔女の一撃と呼ばれるぎっくり腰の場合は「瞬間的なすべり」である事が多く、突然激しい腰痛、いわゆる電気が走るような激痛が発生します。

つまり、メカニズムはほぼ同じではあるけれど、腰椎すべり症とぎっくり腰の違いは、この一瞬にして起こるかそうでないかの違いであるといえます。

腰椎すべり症とは、腰椎部分にある椎体が前方へとずれてしまい、それが戻らなくなってしまった状態のことです。

多くの場合が進行性で、腰に違和感や鈍痛が出るものの、すべり症だと気付かない事が多く、放置されがちです。
そのため徐々に進行し、悪化すると脊柱管狭窄症などを合併症として発症し、腰や下肢に痛みやしびれ、歩行障害などが現れてきます。

それに対しぎっくり腰とは、突然腰に激しい痛みが生じるものを指します。
ぎっくり腰は急性腰痛症という名にも示されるように、生活やスポーツの中でのある動作が引き金となり、腰椎が急に前方に辷り出します。

その瞬間に周囲の筋肉が危険を察知して、腰椎がすべらないように瞬間的に引き締めにかかるのです。
この優れた反射作用のお陰ですべりは戻りますが、代わりに瞬間的に大きな負荷を負った筋肉は炎症反応を起こし、激しい痛みや発熱といった諸症状を引き起こすのです。

腰椎すべり症が慢性的な症状になって行くのに対し、ぎっくり腰の痛みは1カ月もたたずに治まることが多くなっています。

このように腰椎がずれるというメカニズムで発生する2つの病気は、医師によっては腰椎すべり症と診断する場合もあれば、ぎっくり腰とする場合もあります。
激しい痛みがある場合を「ぎっくり腰」と診断し、慢性的な痛みの場合は「腰椎すべり症」と診断する医師も多くいらっしゃいます。

いずれにしても、ぎっくり腰と腰椎すべり症は、痛みの程度や種類などに違いはありますが、腰椎が動くメカニズムは同じなのです。

どちらの場合でも共通して腰椎がずれるわけですから、決して医師が間違っているわけではありません。
ただし、どちらにしても治療は医師の判断に委ねるのが最善です。