腰椎分離症の対処法

腰椎分離症の対処法

現在では、腰椎分離症は腰椎の椎体を主体とする前側の部分と、椎弓や棘突起を主体とする後ろ側の部分が、反復するストレスによって分離してしまう疲労骨折の一種であると考えられています。

しかし、腰椎分離症が疲労骨折だと考えられるようになる前は、腰椎分離症の対処法は、殆どの場合で、運動が禁止となり3ヵ月間コルセットを着用して過ごすのが一般的な方法でした。

現在はレントゲン撮影の結果、骨癒合が期待できる状態の場合のみ、コルセットを着用して運動禁止となります。
ただし、骨癒合が期待できるのは小学校高学年までの若年層で、腰椎分離症で病院を訪れるほとんどの人は骨癒合が期待できない状態である事が多いのです。

腰椎分離症で腰痛が少しあるものの神経症状がない場合には、全力で走ったり跳んだりできれば運動を許可する医師もいます。これには反対意見も少なからずあるようですが・・・

しかし、腰椎分離症もしくは腰椎すべり症の患者を調べたデータによると、スポーツに関して腰椎分離症とそうでない患者のデータを比較したところ、ほとんど差がなく、逆に腰椎分離症の患者さんのほうが結果がよかったという例もあったのです。

すなわち結局は、腰椎分離症と運動はさほど関係がないともいえるかもしれません。
腰椎分離症になると以前はコルセットをするのが一般的でした。

でも、運動をしていてもそれほど痛みを感じないのにコルセットを装着し続けて、3ヶ月もの間運動ができないというのは、若者たちにはかなり酷でストレスの溜まる話でしょう。

腰椎分離症になるとコルセットを3ヶ月着用して運動禁止というのは過去の話で、今やある程度痛みが緩和してきたら、「動きながら治す」という治療法で対処することが当たり前となっているのです。