腰椎すべり症と整体の施術

腰椎すべり症と整体の施術

腰痛の診断で原因を特定し治療をしていくには、正確な病状を把握することが欠かせません。

レントゲンやMRI検査ができる整形外科で診断してもらうことが一般的ですが、手術を必要としない場合は、急性期の痛みや炎症がある程度緩和されると、整体治療院での治療に切り替える方もあるようです。

腰椎すべり症のような、正常な腰椎がすべって起こるような腰痛でも、整体によって痛みがなくなり、正常に日常生活を送れるぐらいにまで改善されることもあります。

腰椎すべり症のように、骨のずれによって痛みが生じていると考えられる腰痛は、やはり骨に原因があると考えられるのが一般的ですが、腰痛は多くの場合、基本的に骨を支えている筋肉の疲労が原因となってひきおこされている場合が多いのです。

整体によってすべった腰椎を元の位置に戻すことはできません。
しかし、整体の施術は手技で筋肉へ働きかけることによって、腰椎すべり症による痛みが改善され、日常生活に支障のない状態に戻れるようにするのが目的なのです。

骨の損傷が原因で腰痛の痛みやしびれが生じているのであれば、最終的には外科手術でしか痛みの原因を取り除くことができないことになってしまいます。

整形外科の治療においても、腰痛症を保存療法で改善することができるのは、原因が骨ではなく筋肉の状態が正常ではなかったことによるものだと云えるのではないでしょうか。

ここで注意しておかないといけないのが、整体師は医師ではなく国家資格ではないという事です。
整体の施術を治療と称することはできないのです。

整体は、手足を使った手技による施術で体を整え、体幹から四肢への脈絡を改善することによって各症状の緩和を期待する、いわば「健康法」で、病院での治療とは全く違ったものであると理解しておかなければなりません。

整体施術を利用する方が多いのは、自分の体には有効で改善を実感しているからなのでしょう。
しかし、国家資格でない為、極端に言えば誰でもが「整体」の看板は掲げられることになります。

治療院の良し悪しの判断は重要な課題です。経験者の評価などを大いに参考にして、治療院を選ぶ必要があります。

医療行為ではない整体を利用するということは、自己責任ですのでこの点をしっかりわきまえておかなければなりません。