腰椎分離症の新しい手術法

腰椎分離症の新しい手術法

腰分離症は、スポーツなどの激しい運動で起こる、後方椎弓の疲労骨折と考えられています。

そのため、腰椎分離症は、若年層のスポーツ選手に多く見られる腰痛として知られています。
椎弓の疲労骨折というからには、手術による治療が必要と想像しがちですが、分離症も他の腰痛症と同じように、出来るかぎり手術をしないで保存療法で治療を進めるというのが一般的です。

しかし保存療法で症状が改善されず、日常生活に支障をきたす場合、またレントゲン検査で分離部分が徐々に広がり、すべり症を起こすリスクが高いと判断される場合には、手術治療が適用されることがあります。

腰椎分離症の手術は、患者がスポーツ選手である場合が多く、又その場合には筋肉の損傷をできるだけ少なくし、腰椎へ影響を及ぼさないように処置することが望まれます。

そのため一般的には椎弓の分離部分に骨移植を行い、移植した骨をスクリュー・ワイヤーで固定し、骨癒合を図る修復術という方法が考えられます。

ただし、腰椎分離症の修復術後は、長期間の安静とリハビリが必要となりますので、短期間でのスポーツへの復帰はできないことを覚悟しておかなければなりません。

このような修復術は、腰痛の手術のなかでも固定術といわれる部類になり、比較的大掛かりな手術となります

しかし、腰椎分離症の治療は従来の修復術、固定術などの大きな手術は必要ない場合が多く、顕微鏡による神経根除圧術でその多くが対応できます。

これは小さな切開で顕微鏡を使って神経根を圧迫している骨、軟骨を切除して神経根を開放するもので、患者への負担が少ない方法で分離症の痛みはとれます。

切開する部分が小さいため、身体にかかる負担は少なく、術後の社会復帰が早くできます。

しかし、分離症の中には顕微鏡手術だけでは対応しきれない場合もあります。
手術方法は診察の結果で慎重に決定します。 神経根除圧術は、分離すべり症の一部にも適応があります。