腰椎分離が片側の場合

腰椎分離が片側の場合

脊椎の上関節突起と下関節突起の間にヒビが入り分離したものを言います(第4第5腰椎に多い)。分離には片側分離と両側分離があります。

初期にはX線検査では発見されにくく、CTやMRI検査が必要となります。

両側分離の場合、脊柱の中枢部分が前方にズレることがあり、これを腰椎分離すべり症といいます。

片側分離症は全分離症患者の20-30%を占めていると云われています。
どちらか一方だけが骨折しており、スポーツ選手などの場合は、競技動作の反対側に起こる事が多いとされています。

対側は正常なので、両側分離症に比較して安定性がよく、骨癒合の可能性が高くなります。
また、片側分離症はすべり症という「骨のずれ」は、両側分離症に比べると生じにくいです。

しかし、本格的にスポーツをする場合は違います。
一方が骨折していることにより、運動中の反対側のストレスは、なんと10倍以上に上昇してしまいます。

従って、片側分離症があるスポーツ選手が強い腰痛を生じた場合、反対側にも分離が発生したか、あるいは椎弓根が骨折していることを考えないといけなくなります。

片側分離症の対側をしっかり検索する必要があり、MRIとCTの検査ではっきりと判断がつきます。
若年層の場合なら、コルセット装着とスポーツ休止により、椎弓根骨折の骨癒合は得られる場合が殆どです。