腰椎すべり症、痛みの緩和に腰痛ベルトやコルセット

腰椎すべり症、痛みの緩和に腰痛ベルトやコルセット

腰椎すべり症の原因や症状は、加齢にともなって進行するもので、治療方法も腰に腰痛ベルトやコルセットを巻いて、患部を保護し、腰痛を軽減したり改善したりする保存療法が中心になります。

ベルトは一般に作られているもの、コルセットは医療用として作られているもの、と分けられるのですが、材質なども少し異なっています。
しかし、実際はそれほど見分けがつかず、自分に合う正しい装具を選んできちんと着用すれば、効果もそれぞれに期待できます。

特に重いものを持つ時などに装着すると、腰の負担がかなり少なくなり生活が楽になります。
ただし、装着の方法を誤ると効果が出ないどころか、かえって腰痛を悪化させることもあります。
医師や、理学療法士、購入されたお店で装着の仕方の指導を受け、きちんと確認するようにしてください。

また長い間使用すると、腰の痛みを軽減させることができる反面、腰とその周りの筋肉の筋力低下を招き、かえって腰痛が起こりやすい体になってしまいます。
長時間使用するのではなく、1日に数時間、何かの行動をする時、などと制約を設けて使用するようにしましょう。

腰痛ベルトを巻いた状態で腰痛体操を行うことも可能ですが、効果が期待できない場合もありますので、腰痛体操を行う場合はあくまでも専門医と相談の上行うようにすることが大切です。

腰痛ベルトやコルセットは、実にたくさんの種類がありますので、自分の症状にあった装具を選ぶことが重要です。

症状が重いようであればがっちり固定できるものを、軽度の症状には動きやすさを重視したものを選ぶといいでしょう。

腰痛ベルトを使用する際には、ベルトを巻く場所は腰骨から測ってこぶしひとつ分だけ離れた場所に巻いてください。
仙腸関節の上にベルトを巻くのですが、きつさはベルトの間に親指が入るぐらいにきつく巻いてください。

いざというときの予防や改善のために自分にあった腰痛予防ベルトやコルセットを持っておくことも必要かもしれません。