「腰椎分離症」と「腰椎すべり症」

「腰椎分離症」と「腰椎すべり症」

【腰椎分離症】

成長期のスポーツ選手にあらわれる腰痛の原因として「腰椎分離症」があります。
「腰椎分離症」の発生原因は、スポーツなどでたび重なる負荷による疲労骨折であると考えられています。

例えば、
○10代前半の成長期の子供が、運動を一生懸命やっていて急に腰が痛くなった
○普段はなんとも無いのに運動時には腰が痛い
○普通に運動を続けることは可能でも、背中をそらしたりすると痛む
などという場合には「腰椎分離症」を疑ってみた方がよいかもしれません。

腰椎の椎間板のついている前方部分を椎体、後方の椎間関節のついている部分を椎弓と呼び、椎体と椎弓の間には椎弓根があります。
椎弓の部分で分離が起こり、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といい、多くは5番目の腰椎(腰の骨)に生じます。

分離のみでは症状が出ない事があり、分離のまま放置される要因となります。
中学生以下の年代では、分離が起こっても、自然の骨癒合が期待できますが、中学生以上になると骨癒合が難しくなってきます。

分離を放置しておくと、年齢を重ねた時に「腰椎分離すべり症」に発展してしまう事がありますので、要注意です。
骨が成熟していない少年期に激しいスポーツをする方は、定期的にレントゲンを撮った方がいいかもしれません。

【腰椎すべり症】

腰椎すべり症は、椎骨が前後にずれている状態のことをいいます。
疲労骨折などによる椎間関節の分離によって脊椎の安定性が悪くなり、椎体が前方にずれてくるものを「腰椎分離すべり症」といいます。

また、腰椎の分離は認められず、椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを「腰椎変性すべり症」といいます。
中年以降の女性に多く発症し第4番目の腰椎によく認められます

つまり、分離すべり症は成長期では椎体の変形で、壮年期では椎間板が加齢で変性するなどして発症します。

腰椎分離すべり症は繰り返す腰痛、または慢性的な腰痛と下肢痛を来すのですが、高度なすべり症以外では通常、排尿排便障害は起こりません。

腰椎変性すべり症も腰痛・下肢痛を来しますが、脊柱管全体が狭くなるため馬尾神経の圧迫症状が主症状になります。すなわち、歩行によって下肢痛やしびれ感が出現し、休むと軽快する間欠性跛行と呼ばれる症状や、会陰部のしびれ感や、排尿排便障害を来します。

酷くなると日常生活が困難になるために、手術が検討されるようになってきます。