分離症とぎっくり腰

分離症とぎっくり腰

腰をそらせた時に痛みを発する腰痛があります。

腰を不用意に反らしてしまった時、ゴルフやテニスなどで腰をひねってしまった時などがきっかで腰痛を発症してしまうことが多いのです。

特に高齢の方に多い変形性腰椎症や、激しいスポーツなどをする方に多い腰椎分離症・すべり症などが主な症例ですが、ぎっくり腰も同じような状況で起きる症状です。

【分離症】

腰椎分離症は、特に若年層の激しいスポーツを常時している方やスポーツ選手に多い病気とされています。

腰にかかる過負荷が原因で疲労が蓄積され、腰椎の椎骨の一部にヒビが入ります。
その時点では痛みが出ることは殆ど無いため放置してしまう事が多く、そのまま時間が経つと椎骨が前後に分かれ(疲労骨折)脊椎が不安定になってしまい、痛みが出てくるようになります。

腰椎がなんとなく動きにくい、腰が疲れる、鈍い痛みがあるなどの自覚症状があります。

さらに分離症が引き金となって、腰椎が前に滑り出ているものを腰椎分離すべり症といいます。

この場合、安静が必要となり、スポーツ、腰に負担が来る行動などが制限されます。
悪化した場合は、手術が必要になることもあります。

【ぎっくり腰】

ぎっくり腰(急性腰痛症)は中腰で物を持ち上げようとしたとき、腰を急にひねったときなどに、背骨の一部を構成する腰椎に、負担がかかって炎症を起こす急性の腰痛です。
日常生活において突発的に起こり、予防できないのが一つの大きな特徴です。

筋肉繊維の断裂や腰骨間接の靭帯の損傷など、殆どの場合で重症ではなく、しばらく安静にしておくと、痛みが自然に取れていきます。

しかし、椎間板ヘルニアや圧迫骨折、すべり症からくる脊柱管狭窄なども考えられますので、医師の診断を出来るだけ早く受けることをおすすめする。