腰椎分離・すべり症、「神経ブロック療法」

腰椎分離・すべり症、「神経ブロック療法」

腰痛の原因が腰椎分離・すべり症などであると判断されている場合で、
・安静にして薬物療法などを行っても効果がない
・痛みが慢性化してきている
・激しい痛みがある
・再発を何度も繰り返す
などといったときに、神経ブロック療法が用いられます。

神経ブロック療法とは、痛い場所の神経の近くに局所麻酔薬を注射することで、一時的に神経の興奮を抑え、痛みで傷ついた部位を効果的に治療する方法です。
ブロック注射治療は、手術治療と薬治療の中間的な位置づけとされています。
入院の必要はなく、外来で行われます。

局所麻酔薬は、痛みで過剰に興奮した神経を一時的に麻痺させ、「痛い」という神経の情報を遮断します。
ブロック注射は、神経を切断するといった方法ではなく、「痛みの情報」だけを一時的に中断する方法です。

注入された局所麻酔薬は、痛み部位の筋肉をほぐし、血流を改善させます。
その結果、酸素やたんぱく質などの栄養を痛い場所に効率よく運ぶことができ、痛んだ神経や筋肉を効果的に、早く回復させることが可能となります。

ブロック治療は、決して単なる対症療法ではありません。
人間の持つ自然治癒力をサポートし、治癒能力をアップさせる画期的な治療方法といえます。
また、薬物療法に比べると、注射は痛みの部位に限局しており、高い効果を示すとともに全身への影響が少ないという利点もあります。

また、神経ブロックの初回は痛みを軽減する治療目的として行われますが、他に現在ある痛みは腰の神経が圧迫されて生じているのか、腰痛を起こす内臓疾患なのかどうかという診断目的でも行われます。

ブロック療法には神経根ブロックと硬膜外ブロックの2つがあります。

・神経根ブロック・・・X線で透視しながら炎症を起こしている神経根のみに注射をおこないます。
施術者は神経根の解剖学的な位置関係を十分に理解している必要があり、多くの治療経験に基づくテクニックと勘が要求されます。

・硬膜外ブロック・・・痛みを感じる神経、運動神経、交感神経をすべて治療できるブロック注射療法で、治療効果が高く速効性が期待されます。

人間には、首からおしりまで続く脊髄神経を取り囲むように、血管やリンパ管、脂肪を含む空間が存在し、その空間に薬液を注入します。

脊髄から出る神経に薬液が伝わり、広い範囲の痛みを和らげ、血流を改善します。

神経根ブロックは痛んだ神経根にだけ作用し、硬膜外ブロックは痛んだ神経根以外の神経根にも作用します。
腰に行う腰部硬膜外神経ブロックは、おへそから下、下半身の病気全般に効果的であり、ペインクリニック科や麻酔科外来で行われる基本的な治療です。

ブロック療法は1回だけで効果がある人もいれば、何度おこなっても効果が出ない場合もありますので、医師からの説明をきちんと受けて決断しなければなりません。