症状が出るのと出ないのとではどちらが良いのか

症状が出るのと出ないのとではどちらが良いのか

通常の病気や障害であれば、症状がでないことで、より悪化などをしてしまうなどのリスクがあるので、症状が出てきて、早期的に治療をした方が良いということもあります。しかし腰椎分離症の場合、腰椎分離症でありながら、全く問題なく生活をしていくことや、運動をしていくことができる場合もあります。そのため症状が出ないのであれば出ないに越したことはないと言えるでしょう。

ただ、いつ、どのような場面で症状が出てくるかは全くわからないことが多いです。運動をしても出てこない場合があると言っても、大きな衝撃で症状を認知する人もいると言えるでしょう。腰椎分離症の症状が出ないほうが良いのか、出たほうが良いのかというのは一概に言えないものがありますが、腰椎分離症自体にならないこと以上に良いことはないと言えます。そのため腰椎分離症を予防する準備運動などはしっかり行なっておきましょう。

また早期発見できて悪いということもありません。それだけ知らないうちに症状が出てくることを防ぐことができることになります。早期発見はどのような場合でも大切になってきます。