どんな運動をしているかでリスクは変わる

どんな運動をしているかでリスクは変わる

腰椎分離症の原因としては激しい運動があります。特に学生時代の運動が大きく影響している事もあり、防ぐのが難しいものがあると言えるでしょう。どのような運動をしているかによってリスクは変ってくるものであり、足腰を強くする運動ほど腰椎分離症になってしまう可能性は高まります。また衝撃が大きくなるようなものでも当然リスクは高まってくるでしょう。

陸上競技全般はそれなりにリスクがあることになります。またその中でも、ラグビーや格闘技など激しいあたりがあるスポーツはさらにリスクが高くなると言えます。体が強くなければやれないということも、大きく影響していると言えるでしょう。

運動と言っても、水泳の競技や一瞬の出来事を競う競技などは比較的腰にかける負担が少なくなる事も多く、腰椎分離症のリスクは少し小さくなっていくことになります。小さくなると言っても、やはりやりすぎによってリスクを高めてしまうこともあるので、時間の管理、運動量の管理は必要になってくると言えます。