腰椎分離症を未然に防ぐための「準備体操」の重要性

腰椎分離症を未然に防ぐための「準備体操」の重要性

腰椎分離症は、以前は生まれつきの骨の弱さが原因となっている、と考えられていました。
しかし、スポーツ医学が進歩してきて、現在では腰椎分離症の原因は、主に疲労骨折と考えられています。

腰部に「捻り」の力が加わった時に負担が大きくなり、負荷のかかる動作がたび重なり疲労骨折につながるのではないかという事です。

小学低学年から中学時代前半頃に発症する事が多いようですが、その時点では殆ど症状がないため発見できず、中学、高校時代になり腰痛が続くので病院へ行くと診断がつくというのが殆どす。

この疲労骨折も、骨が未だ成長段階にある若年者に起こることが多い、いわばスポーツ障害という事になります。

このようなスポーツ障害を未然に防ぐには、準備体操をしっかりと、きっちりと行う事が重要です。
運動の前に準備体操を行うことは、運動をする上で必要不可欠な行為であると言えます。

準備体操には関節の動きを滑らかにし、筋肉を最良の状態にする効果があります。
準備体操をいい加減に考えることなく、しっかりとすることで、運動中に怪我をしたり、終わった後でスポーツ障害を引き起こしにくくするなどの効果があるのです。

準備体操は運動量も多くはなく、それ自体がスポーツ障害の原因になることはほとんどありません。
準備体操は、身体を運動に適した状態にもっていくウォーミングアップであり、スポーツにおける成績の向上にも期待が持てるようになるのです。

準備体操を行わないまま運動をすると、スポーツ障害を引き起こす原因となってしまいます。
しかし、準備体操をする前の身体は、筋肉も関節も運動に適した充分な状態ではありません。
準備体操で力を入れすぎると、逆に身体を痛めてしまう恐れがあります。

準備体操を行う際には、
・決まった型と回数を守り、丁寧に行うこと
・力を入れすぎない
ことが重要です。

また、準備体操と同様に大切な事は、スポーツ後の整理体操です。
整理体操によってクールダウンもきっちりすることで、スポーツ障害のリスクは低くなります