ちょっとした打撲だと思っていたものが腰椎分離症であった

ちょっとした打撲だと思っていたものが腰椎分離症であった

若いうちであるとちょっとした打撲であると、あまり重視しません。すぐに立てるようなものであると何も問題がないと感じてしまうものです。これは仕方がないものと言えるでしょう。それまで経験したことがない痛みであれば、少し様子を見る事もありますが、痛みに慣れている人であるとなおのこと、関心を寄せるのは難しいものです。また練習に夢中になり、何度転んでも練習を続けるというような人の場合でも気付くことが難しくなります。

若いうちはそれでもあまり問題はないことが多いです。年を重ねると、だんだん体が弱ってきて、若いうちの歪みが表面化してくることもあります。特に運動の量が劇的に減ってしまっている人は注意が必要でしょう。筋肉の衰えなども大きくなり、今まで感じなかった痛みが出てくる事もあります。時には手術が必要になってしまう場合もあるでしょう。

体の機能的な低下によって痛みが出てしまうと、予防する事も難しくなってしまう場合があります。