手術が成功しても痛みが残ることはあります。しっかり伝えていくことが必要です。

手術が成功しても痛みが残ることはあります。しっかり伝えていくことが必要です。

腰痛の痛みは抱えている人にしかわからないものです。そのため医師であってもその人の腰痛の状態を100パーセント把握することは難しいでしょう。腰椎分離症では手術に成功したとしても、痛みが出てしまう事もあり、それをしっかり医師や医療機関に伝えていくことが必要となります。痛みをごまかしていると自分自身が辛くなってしまうので、正直に痛い時には、痛みを認めることが必要になります。

現代では複数の医師に診てもらうことができるようになっており、それがドクターショッピングなどと呼ばれる問題点として浮き上がってくることもありますが、多くの選択をすることができるという面では治療を受ける人にとって良い要素もあると言えます。

痛みがある時にはそれを理解してくれる環境を探す事が大切になると言えるでしょう。手術を受けていることもしっかりと伝えておくことが大切になります。また基本的なことですが、手術を受けるときに信用できる場所を選んでいくことも大切です。