腰椎分離症の予防対策

腰椎分離症の予防対策

スポーツをしているとどうしても腰を痛めることが多くなります。
激しいトレーニングなどで「腰椎分離症」になることもあります。
「腰椎分離症」とは腰の骨が疲労骨折することで、骨が未だ成長段階にある10代前半に多く見られます。

腰椎分離症を予防するためには、やはりその多くの原因であるスポーツでのオーバートレーニングを出来るだけしないことなのですが、スポーツをしている若者は、上達を目指しついついハードなトレーニングを行いがちです。

そうであれば、トレーニング後は出来るだけ筋肉をリラックスさせ、また次の練習のために体を整えてやることが腰椎分離症の予防に必要になってきます。

過度の筋肉疲労の中で、スポーツを続けることは疲労の蓄積になり、疲労骨折の原因となります。
疲労の蓄積を取り去るために、一定時間体を休ませることが必要なのです。

一日の練習が終った後で、効果的に筋肉をマッサージし、クールダウンすることでかなりの予防に繋がります。
勿論、スポーツをする前の準備運動も欠かせません。

また、単に時間を長くしたり、激しい練習をするのではなく、スポーツの技術自体をもっと高めることも必要となってきます。

腰椎分離症を発生する多くの方は、中学生の頃が多いですが、ほとんどは技術的に未熟であるために、多くの負荷が全て自分に跳ね返ってくる場合が多いのです。

例えばボールを蹴るという動作をするにしても、本来のイメージはボールにインパクトを移動して力をリリースすることなのですが、技術が未熟なためにそのインパクトは自分に跳ね返ってきてしまうのです。
これは指導者達も学んでいかなければならない事です。

その他の予防法として考えられるのは、定期的にレントゲンを撮影して、チェックしていくことです。
骨にちょっとした歪みが出ているのであれば、勇気を持って休み、その間に効果的に体をほぐすなどのケアをすればいいのです。

最近では教える側からも、このような予防法を取り入れているという場合は多いようです。

小学校時代にはそれほど過激でなかったトレーニングが、中学校に入って厳しくなるという例もあります。
人の成長の速度は個人差がありますので、骨の成長が未完成の場合には急性的に発症する例も少なくないのです。

この点についても、指導者も含めてスポーツする側で、それぞれの状態に合わせて日常的にチェックしていくことが必要です。