腰椎分離症、治療手段としてのトレーニング

腰椎分離症、治療手段としてのトレーニング

腰椎分離症の場合、その治療手段としてリハビリやトレーニングは欠かせません。

第一は安静にすることなのですが、ただじっとして何もしなければ筋肉を使わなくなるため、全身の筋力が衰えることになり逆効果となります。
特に患部まわりの筋肉は、背骨を正しく支える働きをしている筋肉なので、その役割が果たせなくなると脊椎に大きな負担がかかり、痛みがひどくなるケースもあります。

痛みがある時にはトレーニングをすることはなかなか難しいのですが、痛みがない時は出来るだけ継続して行うようにして下さい。

指圧やマッサージは腰椎分離症の場合はあまり効果が期待できないという意見もありますが、患部周辺だけではなく、全身を効果的にマッサージすることで改善の可能性は増えてくるはずです。

ストレッチなどは患者自身が自宅で出来るリハビリメニューなので、これらも取り入れて継続して行うようにしましょう。

腹筋運動とストレッチは自宅でできるのですが、腹筋が弱いと腹圧も弱く、腰が反り気味の姿勢になり、腰椎が前にすべりやすくなるので、腰痛ベルト(腰痛バンド)を併用しながら行うとよいでしょう。

腰痛ベルトは腹圧を高めやすく、不用意に反る姿勢を制限できる幅の広いタイプがお勧めです。

腰椎分離症の元々の原因はスポーツでの過度なトレーニングなので、治療としての筋肉を鍛える場合は最低限の力を使うようにするべきでしょう。

仰向けに寝転んだ状態でも行えるトレーニングがありますので、風呂上がりの寝る前などに、一日に5分程度でもいいので始めてみるといいでしょう。

手術後のリハビリとしてはよく歩行練習をしますが、急性期や慢性期で手術をしないで保存治療を行う場合は、より実践的なメニューになるでしょう。

例えば、腰椎分離症には水中のトレーニングが良いという説があります。
やはり腰椎に体重がかからなくなる分、筋肉は鍛えやすくなり、陸上でのトレーニングよりも効き目はあるでしょう。
ただし、短い距離での水中歩行や力をあまりかけない泳ぎなどが負担も軽くていいでしょう。

このようなリハビリやトレーニングは1週間程度継続したからといって効果がすぐに出るというものではありません。
患部の状態をチェックしながら、継続的に筋肉を鍛えていくことが最も大切です。