腰の負担を緩和する道具の利用

腰の負担を緩和する道具の利用

腰に対して力を加える道具は腰椎分離症にとってあまりよくない影響を持ってくる事も多いですが、腰の負担を緩和する道具であれば、利用していても問題ないことが多いです。例としては椅子にクッションを置いたり、正しい姿勢が保てるような工夫をしたり、いつの寝ている場所に特別なクッションを用意したりということです。腰の負担が軽くなるような方法であれば腰痛を感じないようにしていくこともできると言えます。しかし、クッションの場合柔らかすぎると体に逆に負担を与えてしまうことになります。適度な硬さが良いことが多いです。

適度な硬さを素人判断することが難しい時もあります。情報を集めれば判断できるようになることもありますが、不安があればしっかりと相談しておくことをお勧めします。痛みが出てきているのであれば特に相談することが必要でしょう。せっかくの道具で体を痛めてしまうことがないように注意をしていくことは必要なことになっていきます。