腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症は、椎体が前方にすべっている状態をいいます。

腰椎すべり症は、脊椎・腰椎分離症や椎間板が老化したために起こりますが、
 ・腰椎分離すべり症、
 ・腰椎変性すべり症、
 ・先天性腰椎すべり症、
 ・外傷性腰椎すべり症、
 ・病的脊椎すべり症
などの種類があります。

変性すべり症は椎間間接や椎間板が変性して上の椎骨が前にすべり出します。
一方、分離すべり症は椎骨の一部(椎弓)が分離(骨折)している状況で、椎間板などが弱くなり上の椎体が前にすべり出します。

腰椎分離すべり症の場合は、前屈をすると腰に突っ張り感があります。
腰椎変性すべり症の場合は、長い間立っていると腰痛が増して、足にしびれが起こともあります。
また、椎間関節も変形してしまう事が多くその周りが腫れますから、ますます神経の通り道が狭くなり、腰部脊柱管狭窄症の要因となります。

先天性腰椎すべり症の場合は、先天的に椎体の形成が異常なため、お尻が出たような姿勢になり、腰や足に痛みが出てきます。

腰椎すべり症の急性期の症状は、痛みが急激に襲ってくる、いわゆるぎっくり腰の状態で、この時には、腰に激しい痛みを感じます。
また、腰から下が抜けたような感覚になったり、腰から上を支えることが出来ないような感じがします。

これは腰椎が「滑った事」と、それに反発して「戻ろうとする動き」によって筋肉に負担がかかっている事が原因です。

この状態を完治させないで放置しておくと、慢性期に至ることになります。
慢性期の状態で激痛はありませんが、「何となく腰が重い」「朝起きる時に痛い」「長時間座っていると下半身が痺れる」などの状態が続いてしまうようになります。

急性の状態のように激痛を伴う場合は「ぎっくり腰」「急性腰椎症」「椎間捻挫」などと診断される事が多く、現実には腰椎すべり症と診断される場合はほとんどのケースが慢性の状態になっています。

一方、腰椎すべり症があるからといって、症状がでるとは限らず、症状がなければ治療は必要ありません。
症状が腰痛だけであれば、まず手術は必要ないし、手術をしたとしても腰痛が改善する保障はありません。

強い神経症状があり、神経ブロックなどが効かない場合は、手術をすることもあります。まず神経の圧迫を取り除きますが、問題はすべりを元にもどして固定する必要があるかどうかです。
すべった状態で安定していることが多く、すべりを元にもどして固定する事については様々な意見があり、いまだ決定的なものはありません。