腰椎すべり症・・・・「真性すべり症」とは

腰椎すべり症・・・・「真性すべり症」とは

腰椎すべり症は下部腰椎の一つ、または複数の椎体が主に前方にすべる状態のことをいいます。

腰椎すべり症には、分離をともなった「真性のすべり症」と、分離をともなわない「変性すべり症」、椎体後部の発育不全が原因の「先天性すべり症」、墜落や外力により椎間の分離を生じ、前方にすべる「外傷性すべり症」などがあります。

腰椎は、体重を支えるところである椎体と、背骨の舵取りをする弓状の椎弓で構成されています。
腰椎分離症は椎弓の部分で腰椎が分離してしまう病気です。

真性すべり症とされるものは、上下関節突起間の椎弓が断裂・亀裂により分離を生じ、椎体が脊椎の前方にすべり出した状態をさします。

真性すべり症は腰椎の5番と呼ばれる場所に90%近く発症しています。
真性すべり症は、一般的に10歳より数年間で進行し20歳以降はすべりの進行は見られないともいわれています。
また分離が認められると必ず「すべり症」がおこるわけではありませんので、このことも覚えておきましょう。

また、椎間の分離を伴わないすべり症で、加齢などが主な原因で、椎間関節の形や椎間板の変性によって腰椎を固定が難しくなり、前後にズレが発生するものを「変性すべり症」といいます。

腰椎は、正常な場合、前方に弯曲していて、椎間板や椎間関節によって、すぐ上の腰椎が動かないようになっていますが、この椎間板や椎間関節が変性して役目を果たせ切れなくなってしまうのです。

この分離を伴わない「変性すべり症」の事を、分離を伴う「真性すべり症」に対して、「仮性すべり症」ともいいます。