腰椎分離症の原因は

腰椎分離症の原因は

腰椎分離症は、腰椎の後方要素にあたる”椎弓”が分離していることをいいます。

通常、第5腰椎の関節突起間に発生し、腰痛や下肢痛などの症状を発症する場合があります。
また、この分離が原因となり腰椎が前に滑り出すことを「腰椎分離すべり症」と呼びます。

分離すべり症は分離のないすべり症と比べて、すべりの程度が大きいことが一般的です。また、腰椎分離症は分離がX線検査によって発見されたと場合でもまったく症状が出ないこともあり、その場合には治療の必要はありません。

現在は腰椎分離症の原因は、小児期に起こった椎弓の疲労骨折という後天的な原因という考え方が主流となっています。
理由としては初期の腰椎分離症は治療によって癒合すること、またスポーツ選手に多いことなどからこのように推測されています。

しかし一方で、腰椎分離症は人種によって発症する人数に差が大きくあること、潜在性二分脊椎の合併が多い事、同一家系発生例があることなどから先天的という考えも少なからず存在しています。

また、腰椎分離症の病態生理については、
・腰椎の分離部へのストレスによる症状・・・若者に多い
・分離部の瘢痕が神経根を圧迫するための症状(脊柱管狭窄症)・・・中高年に多い
・分離による腰椎が脆弱化し、椎間板や椎間関節の変性を生じる為に起こる症状・・・中高年に多い
などが考えられます。